シックハウス症候群について

 

・空気質以外の問題
シックハウスというからには家自体が病んでいると考えられる、空気質だけの問題ではないという指摘がある。

 

例えば、
@構造上のシックハウス症状
 筋かい(耐力壁)がバランスよく配置されているか ←全面開口部になってないか
  1/4程度は体力壁が欲しい
 2階の主要な柱は、1階の柱の上に載っているか ←その1階柱は基礎の上に載っているか
A配管上のシックハウス症状
 昔赤水、今青水(緑水) ←水道管に銅管使用例が多い
  緑青は毒だといわれてる
 外気取り入れ口の位置とルート ←ボイラーの排気を吸い込む位置ではないか
B断熱欠損によるシックハウス症状
  断熱の弱点となる箇所は探したか、 ←断熱欠損は結露やカビの原因図面と現場で確認したか
  その対策は確認したか
  点検口や床下収納と断熱の関係は ←知らず知らずに断熱欠損を作らせてしまうことがある

 

健康壁を使用して人も家も守りましょう。
<実際にあった話>

とある2世帯住宅で、1階を塗り壁、2階を
壁紙にしたところ、1階の住人が2階へ
行くと目が痛くなったり呼吸困難が
おこったりするということが起こった。
        ↓
  シックハウス症候群

いつも健康で快適な生活を。
毎日笑顔で暮らせる家を。

 

 

メニュー
TOPに戻る